美容師と白髪染めイメージ

美容師と白髪染めイメージ

白髪染めを美容師さんにお願いしていても、期待通りの髪色にならないというケースもよくあるようです。
そんな場合は、注文する際の伝え方が間違っているのかもしれません。
希望する髪の色合いがきっちり決まっているのであれば、その色に近い髪の毛をしている人の写真などを美容師さんに見せると良いでしょう。

携帯電話のカメラなどで写したものだと、お店の明かりの種類などで違う色に見えることがありますので、良くありません。
自分の希望色を明確に伝えた方が、美容師さんもその色を出しやすくなります。
もし、希望の髪色がはっきりしないのなら、カラーサンプルなどを使って、助言をもらいながら決めるのが得策です。

細かな調整をする事で色々なカラーが可能ですが、思っていた色と少しだけズレてしまっただけで、イメージは相当変わってきます。
美容師さんの提案に全て乗るという場合もかなりあるようです。
ですが、そうすると、その日にやってもらう美容師さんによっていつも同じ色にはならないでしょう。

自分とセンスが近い美容師さんがいるのならば、その人を毎回指名して白髪染めをしてもらうと良いでしょう。
ずっとおしゃれ染めをしていたものの、白髪が多くなってきて白髪染めの方がよいかと考えている人も、相談してみましょう。
白髪の量がどのくらい増えたら白髪染めを始めるかは、自分だけでは決めにくいものです。
まだおしゃれ染めを続けても大丈夫な場合もありますので、判断を仰いでみると良いでしょう。