ヘアカラーとヘアマニキュア

ヘアカラーとヘアマニキュア

「白髪染め」として店頭に並んでいる商品は大抵、ヘアカラーの一種となります。
ヘアマニキュアならば、髪の毛を覆う膜を染色するので、髪に対しての負担は抑えられます。
他方、ヘアカラーは、髪の内部を染めるものですので、髪の傷みは当然ヘアマニキュアより大きくなります。

それでも、以前よりはヘアカラーも比較的髪へ与えるダメージが減少してきました。
ヘアマニキュアを利用して染めてはいても、すぐ色あせるため、頻繁に染めなくてはならないのが困ると感じる人も多いでしょう。
そんな時には、ヘアカラーを利用するのが良いかもしれません。
ヘアカラーというのは、色を落ちにくくする成分も含まれているので、一回利用すれば、当面は色落ちの心配はありません。

さらに、若者なら、白髪がたくさんあっても、「白髪染め」の購入に逃げ腰になる人もいるかもしれません。
それに、白髪染め用といっても一般的なヘアカラーと比較して何が特別なのか知らない人も少なくないはずです。
最も異なるところは、どの色を染める目的で配合された商品かということです。
白髪染め用ではない毛染め剤の多くは、ダークな色の髪の毛を染め付けるように狙って作られています。

一方、白髪染めという記載がある商品は、白い髪をきれいに染めることが出来ます。
ヘアカラーの見本のように色付けするためには、まず脱色する方が良いと言われますが、白髪だったら染めやすいかと言うと、その限りではありません。
思い通りの髪色に染めたいのであれば、白髪専用と書かれているヘアカラーにしたほうが目的を達成しやすくなるでしょう。