ヘナ

ヘナ

髪を染める時に、「ヘナ」というものを選択する人が増加しているようです。
これは何かと言うと、インドに自生しているヘナという植物を使って誕生した染毛剤です。
ヘナの良いところは、髪や頭皮へ悪い影響が無いという事です。

染毛剤で髪を染めたくても、地肌が弱いために一般的なものでは刺激が大きかったり、かゆみが生じるので悩む人も多いことでしょう。
髪が白くなっても白髪染めが困難で、老けた印象を与えてしまうケースもあります。
ヘナは、天然のものから出来ているので、人の体にも優しい材料で作られている事が評価されています。

ですので、肌が弱い場合でも、大方の人が心配せず使うことができます。
高い値段のものは少なく、トリートメントの効果も望めるので髪を染めると同時にツヤも手に入ります。
白髪が気になるわけでもないのに、トリートメント目的で利用する人がいるくらいです。
しかしながら、ヘナにも短所はありますので、注意しましょう。

まず第一に、あまり効果が持続しない点があります。
大半が、二週間ぐらいで色が落ちてしまいます。
短い人は、一週間たったころから色が薄くなったと感じるでしょう。
加えて、全体が均等な色合いでは染まらないのです。
これは、ヘナのメリットとしても言えるのですが、通常の白髪染めであれば髪の毛全部が同じように染まりますね。

ヘナで染めた場合には、白髪部分は色合いがはっきりし、それ以外の黒っぽい部分は色に目立った変化はありません。
白髪染めで染めると不自然だと感じている人も、一度ヘナを試してみる価値はあるでしょう。