白髪と年齢

白髪と年齢

一人ひとり、どの年齢で白髪が気になるようになるかというのは個人差があります。
そのため、どれくらい白髪が増えてきたら白髪染めを使うべきなのか、判断をつけられない人が少なくないようです。

美容院で相談するのも一案ですが、自分でころあいを計る一つの基準があります。
それは、鏡に映る自分を見て、「白髪が気になるな」と思った時がタイミングです。
わざわざ白髪を探して見つけ出すというよりも、通常通りのヘアスタイルで鏡を見てチェックしてみましょう。

多くの人は、カラーリングをしていることでしょうが、白髪染めにバトンタッチするタイミングは、各自で決めても構わないでしょう。
また、白いものが目立つようになってきても、白髪染めはしないことにしている人もいます。

一度髪を染めると、その後も染め続けることになりますが、自然に任せて全て白髪になるまで手を加えない人もいるようです。
それでも、やはり白髪頭というのは老けたイメージを持たせてしまうようになります。
長く若く見られたい人は、周期的に髪を染めてはいかがでしょうか。
早ければ、20代半ばでも白髪が増加します。

平均的には40代半ば頃から染めるようになる人が多いでしょう。
突然真っ白な頭に変わることはないので、時々鏡をチェックして、目立つように思ったら染めはじめるといいですね。
染めるのはやめて、抜くことにしているという人もいるようですが、毛根を駄目にする結果に繋がってしまいます。

白髪を抜くと逆に白髪の量が増えるというのは事実無根ですが、ダメージを避けるためには、抜くよりも染めるようにしましょう。