泡染め白髪染め

泡染め白髪染め

自分で一般に売られている白髪染めを使えば、予算も低く抑えられます。
忙しくて美容院に行けない人も、多少の空いた時間で染められるので、とても便利です。
ですが、自分で染めるとムラになってしまうから染めるのは美容院でと決めている人も多いでしょう。

そんな方々にイチ押しなのが、泡で染めるタイプの白髪染めです。
使用済みという方なら分かると思いますが、一般の液状の白髪染めよりもムラになる確率が低くなっています。
一般的な液状のものは、注意深く塗り込む事が不可欠となり、完璧に塗らないとムラが出来てしまいます。

泡タイプは未経験という方のために、どんな特徴のある商品なのかお話ししましょう。
通常、泡タイプの白髪染めは、ブロッキングが要りません。
この特徴だけでも、自分の力だけで染める人にとっては、かなり興味を引きつけられます。
最初からボトルを押す事で泡状になって染料が出るので、あとはそれを髪につけていくだけです。

液状のものなら、ポイントを決めてムラが出来ないようにこつこつと付けていかなければなりません。
ですが、泡タイプの場合、先にボトルを押して液体から泡に変更させて髪になじませ、そしてシャンプーをする時と同じように泡立てるだけで大丈夫です。
泡タイプは液状タイプと違い垂れることも少ないので、極力フローリングを汚したくない人にもおすすめです。

その後は通常のヘアカラーで毛染めする時と同じで、数十分間置いてからシャンプーを使って洗います。
泡が染まりにくい細部にまで及ぶので、あまり腕に自信がない人でも液状の商品よりかはきれいな仕上がりの白髪染めをすることが出来ます。