白髪を染めよう

おしゃれ染め

おしゃれ染めの時には、それほど頻繁に髪を染めなくても良いでしょう。
ところが、白髪染めに関しては、白髪が伸びたらすぐ染め直しが必要になります。

人によっては、二週間サイクルで白髪染めを行う人もいます。
しかしながら、染める度に髪に悪影響を与えるとなると、乾燥が激しくなることもあります。
そのような場合に最善なのが、ヘアマニキュアなのです。
ネイルのマニキュアを例に考えると分かりやすいのですが、髪の毛の周りを染料でコーティングすることになり、髪の毛へのダメージがほとんどありません。
ただし、ほとんどのヘアマニキュアは一様には染まりにくいという一面がある事も認識しておきましょう。

ヘアマニキュアというのは、もともとの毛色の影響を受けることが多くあります。
そして、白髪の場合は、オレンジ色になる確率が高いのも特徴です。
それで、白髪染め用のヘアマニキュアのほとんどには、配合成分にヘアカラーが入っている事も多々あります。
ということは、多少は髪を傷める場合があるということですが、へアカラーで染める場合よりは影響は小さくてすむでしょう。
髪への負担を考えてヘアマニキュアを利用しているものの、均一なきれいな髪にならないという時は、たまにヘアカラーを使う事もおすすめします。

一般的なヘアマニキュアではなく、白髪染め専用の商品を使うのも大事な点になります。
白髪でない所の髪や、髪質によってもふさわしいものが違うので、いくつか試すとよいかもしれません。